自分に似合った綺麗で可愛い振袖を着たいならレンタルがおすすめ

サイトマップ

振袖レンタル

着物の襟と裾の着付け方

襟と裾の着付けについて確認したいと思います。まず着物の襟についてですが、着物の場合襟の合わせは男女共通で、左前(右の襟の上に左の襟を重ねる)で合わせます。着付ける際には、襟をしっかり合わせて下さい。着こなしが綺麗に見えます。また、着物は首の後ろ(うなじの辺り)の襟を少し引っ張り、余裕を持たせます。この作業を抜く、と言いますが、抜く際に大きく抜いてしまうと、少々色っぽくなってしまうので、きちんとした場に行く時は抜きすぎない様、気をつけましょう。
次に裾についてです。裾は、下の方を窄める様に着付けた方がすらっと細く見えます。ただし、窄めすぎに注意です。あくまで自然な形になる様にしてくだない方が無難です。裾の合わせ方は、まず左裾のを持ち、そのまま右腰の位置まで持っていきます。長さは腰の位置(少し上気味がいいです)で調節します。調節し終えたら一度左裾は開き、今度は右裾をを左腰(少し奥の方)に持っていきます。これも上気味に合わせて下さい。そして右裾の下の方(つまさき)を外側にひっくり返す様にして少しだけ折ります。折った部分が三角形になります。右裾を抑えたまま、左裾をその上に重ねます。(右裾の下は折れたままです。)すると、裾の下の方が窄まります。こうすると、足にも裾がまとわりつきません。

TOPへ