自分に似合った綺麗で可愛い振袖を着たいならレンタルがおすすめ

サイトマップ

振袖レンタル

振袖は買うべきかレンタルすべきか

例えば女性の場合、多くの方が振袖を初めて着る機会といえば成人式ではないでしょうか。私自身20歳の冬、振袖に初めて腕を通しました。その際レンタルするか、購入するか家族の中で話し合う機会がありました。
一度購入すれば、今後もし再び着る機会があった時に役に立ちますし、例えば自分に娘が出来た際にその振袖を譲る事が出来ます。私の友人にも、親の振袖を着る、という子が数名いました。確かに親の振袖をその子供が着る、というのは中々に家族想いですし魅力的な響きだなとは思います。ですが、やはり振袖というものは安くはありません。初期投資をしても実際に腕を通すのは何回ほどか。大学時の卒業時にも着れるかもしれませんが、その場合袴などでまたお金がかかります。自分に娘が生まれなかった場合譲る相手もいませんし迷うところです。
私の場合、結果的にはレンタルにしました。高校、大学などかなり金銭的に迷惑をかけているのにこれ以上、とも思いましたし、今後着る機会もそうそうないなと思ったからです。実際に成人式の後5年ほど経過しましたが振袖、着物を着用したのは成人式を含め2回のみです。お金に余裕のある方、いつ何があっても大丈夫な様に備えておきたいという方は購入してもいいかもしれませんが、そうでない方はわざわざ購入しなくても、レンタルで十分かもしれません。

購入、レンタル…でもない!身内振袖

成人を迎える皆さん、振袖は決めましたか?成人式は、一生に一度しかありません。自分に似合った綺麗で可愛い振袖を着たいですよね。しかし、実際に振袖を購入するとなると、小物も含めて、とてつもなく高い金額になります。レンタルでもとても高いです。でも、一生に一度しかないから…ということで、1年も2年も前から、人気の振袖はすぐに売り切れるからという理由で、お店で振袖を決めて、予約する人も多いはず。
しかし、購入よりもレンタルよりも安く済んで、可愛く綺麗に仕上がる方法があるのです。それは、母親の振袖や祖母の振袖など、身内の振袖です。「え、お母さんの振袖…?」と、一瞬思うかもしれません。ですが、意外にも小物などで現代風にアレンジすれば、とても可愛くて綺麗に生まれ変わるのですよ。最初は抵抗があって、親の振袖は古いから、新しいのがいい!と、思う人も多いはずです。
でも、考えてみてください。親は、自分が過去に着た振袖を子供が着るとなると、とてつもなく嬉しく思いますよね。それに、小物や下駄は購入、レンタルしようということもできます。ちょっとした工夫で、一気に現代風にアレンジされるのです。あるものを、より良く使ってくれるのが、身内振袖の特徴です。身内が持っている振袖、そのままにしておかずに、成人式に使うことをぜひ検討してみてください。味のある振袖にもう一つ手間を加えて、さらに良くなった振袖を着るのもアリですよ。

振袖をレンタルするメリット

振袖は成人式では、かかせないものです。毎年、成人式になると皆さんきれいに着飾って出席しておられます。振袖もいろいろ種類があって、悩んでしまいます。振袖の選び方は、実際に自分で試着して選んだがよいです。自分の気に入った振袖を何点か、見つけて試着されたがよいです。振袖の柄や色、試着するのと見た感じでは全く違います。
また、着る人の身長、体型に合った色や柄を選んだがよいです。やはり、一番大事なのは自分に似合うものを選ぶことです。振袖も成人式くらいしか着ることがないのでレンタルすることをおすすめします。レンタルだと、それこそたくさんの種類があり、必ず自分の気に入っ振袖が見つかるでしょう。クリーニング代とかも含まれていて、お店によっては、期日内に予約したらバッグと、草履をプレゼントというところもあります。
また、フルセットでレンタルもできます。それなら、何も持たずに忘れ物をしたということがないので、安心です。成人式でレンタルされるなら、早めに行かれたがいいです。早い者勝ちで、いい着物は、すぐに予約済みになってしまいます。レンタルだと、着付け、ヘアのセットが同じ店でできるというメリットがあります。いろいろ探してみてはどうでしょうか。

New List

TOPへ